インプラント治療

  • HOME>
  • インプラント治療

歯を失ってお困りの方はお気軽にご相談ください

インプラント治療のご相談を承ります

インプラント治療のご相談は無料です

心斎橋・長堀橋のおのだ歯科医院では、インプラント治療のご相談を承っております。
当院はインプラント治療が一般的になる前から診療に取り入れていて、これまでに30年以上、様々な患者様に対して治療を行ってきた実績があります。
また、口腔外科治療を専門的に学んだ歯科医師(副院長)も在籍しておりますので、歯を失ってお困りの方はお気軽にご相談ください。

安心・安全にインプラント手術を実施いたします

安心・安全にインプラント手術を実施いたします

インプラント治療では、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋入する際などに、手術が必要になります。
この手術が不安で治療に踏み切れないという方も多いでしょうが、当院では次のような取り組みにより安心・安全なインプラント手術のご提供に努めております。

的確な診断に欠かせない歯科用CTを導入

インプラント手術を行う前には、歯科用CTを使って歯や顎の骨の状態などを詳しく確認いたします。
歯科用CTにより的確に診断することで、インプラント手術におけるほとんどのトラブルは未然に防げると考えております。

安全・精密な埋入を実現するガイデッドサージェリー

「ガイデッドサージェリー」とは、インプラント体を埋入する際のテンプレートです。
治療前には歯科用CTで三次元分析を行い、専用ソフトでどのインプラントをどのような角度・深さで埋入するのがベストなのかをシミュレーションしますが、ガイデッドサージェリーはそうして綿密に作成した計画を再現するのに欠かせない器具で、数mm単位のズレも許さない安全・精密な埋入が可能になります。

衛生管理が行き届いたオペ室を設置

インプラント手術の成功率を高めるために、常にクリーンな状態が保たれているオペ室を設置しております。
完全個室で衛生管理が行き届いた空間で、安心・安全に手術を行います。

それでも「手術が不安」という方へ

基本的にインプラント手術は安全

上記のような取り組みにより、安心・安全なインプラント手術の実現に努めておりますが、それでも「手術が不安」という方もおられることでしょう。
そうした方にお伝えしたいのは、「基本的にインプラント手術は安全」だということです。

もちろん、症例によっては術後に腫れが生じることもあります。
ただし、リスクが高い方には事前にお伝えして、それでも手術を受けられるかどうかお選びいただくようにしております。

ただ、顎の骨がしっかりしているなど、特に問題がない方であればイメージされているよりも簡単に、そして安全に手術できるものです。
そして難症例のケースでも、事前の診査・診断をきちんと行っていれば、大きなトラブルが起こることは稀ですし、術後の腫れも「術中、点滴から腫れ止めのお薬を注入する」などの方法で対応することが可能です。

豊富な実績を持つ当院へお任せください

豊富な実績を持つ当院へお任せください

そして当院にはこれまで30年以上、継続してインプラント手術を行い続けてきた豊富な実績があり、患者様お一人おひとりに丁寧な処置を行って痛み・腫れなどをできる限り軽減させるように努めております。

こうした歯科医師の経験・技術によっても手術の安全性は高められるものですので、安心してインプラント治療を受けたいとお考えでしたら、是非、豊富な実績を持つ当院へご相談ください。

インプラント治療の流れ

カウンセリング

当院ではインプラント治療のご相談を承っております。
歯のお悩みについておうかがいした後、インプラント治療の内容について詳しくご説明いたします。

精密検査

全身の健康状態、咬み合わせの状態などを確認するほか、歯科用CTやレントゲンなどでお口の中の状態を詳細に確認いたします。

事前シミュレーション

歯科用CTで三次元分析を行い、専用ソフトでどのインプラントをどのような角度・深さで埋入するのがベストなのかをシミュレーションいたします。

1次手術

局所麻酔を実施した後、歯の欠損部分の顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋入します。
事前シミュレーションで綿密に作成した計画通りに埋入できるように、ガイデッドサージェリーを使用いたします。

治癒期間

埋入したインプラント体が顎の骨と結合するのを待ちます。
患者様によって異なりますが、通常、治癒期間は1~5ヶ月程度です。

2次手術

インプラント体と顎の骨が結合したら、再度歯茎を切開してインプラント体の上部を露出させて、アバットメント(インプラント体と人工歯の連結部分)を装着します。

人工歯の作製・装着

人工歯を作製し、それをアバットメントに装着させます。

定期メンテナンス

インプラント治療が終わった後も、インプラントを良好な状態に保つために定期メンテナンスを行います。

骨の量が足りないために治療が受けられない方へ

「骨造成」という方法で対応可能です

インプラント治療とは、歯の欠損部分の顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋入して、しっかり固定させることで天然歯のような噛み心地を取り戻す方法です。
ただし、この時問題となるのが顎の骨の量です。
顎の骨の量が足りない場合、安全に治療が行えないことがあります。
そのため、他院で「骨の量が足りないので、インプラント治療は無理です」と言われた方もおられるでしょう。
そうした場合、「骨造成」という方法で対応することが可能です。

様々な方法で骨の量を増やします

骨造成の方法には「ソケットリフト」「サイナスリフト」「GBR」など色々な種類があります。
このような骨造成を行うことで、骨の量が足りない場合でも安全にインプラント治療を受けることが可能になります。
この際、当院では人工骨ではなく、「CGF」と呼ばれる方法で感染リスクを大幅に軽減させております。

CGFとは?

CGFとは、患者様ご自身から採血した血液を遠心分離機にかけ、人工的に精製したフィブリン(出血を止め、傷の治癒を促進する物質)を患部に注入することで骨の再生を促進する方法です。
「術後の感染リスクが軽減できる」「術後の痛み、抜歯時の痛みが抑えられる」「治癒の促進、骨の付きが良くなる」などのメリットがあります。

インプラント治療の料金

※価格は税抜表示です
※5年間の保証付き
※デンタルローン・クレジット対応可能
※骨造成を行う場合、別途費用が必要

歯1本あたり(奥歯)

350,000円

歯1本あたり(前歯)

400,000円