口腔外科

痛みの少ない親知らずの抜歯

親知らずは必ず抜歯しなければいけない?

親知らずは必ず抜歯しなければいけない?

心斎橋・長堀橋のおのだ歯科医院には口腔外科を専門的に学んだ歯科医師(副院長)が在籍していて、少ない痛みで親知らずの抜歯を行います。
ただし、「親知らずは必ず抜歯しなければいけない」というわけではなく、まわりの歯に悪影響をおよぼしていないような場合には、そのまま残しておいた方が良い場合があります。

当院では歯科用CTなどの最新機器を活用して、親知らずの状態や血管・神経の走行などを確認したうえで、抜歯が必要かどうかも含めて的確に診断いたします。
親知らずの移植(自家歯牙移植)にも対応しておりますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

親知らずを抜歯した方が良いケース

  • 親知らずが斜めや横向きに生えていて、痛みなどの症状の原因となっている
  • 親知らずがまっすぐ生えておらず、まわりの歯のブラッシングを阻害している
  • 親知らずがブラッシングを阻害していて、まわりの歯の虫歯や歯周病の原因となっている
  • 親知らずが重度の虫歯や歯周病になっている
  • 親知らずが横向きに生えていて、隣の歯を押して歯並びに悪影響をおよぼしている
  • 親知らずのまわりにできもの(嚢胞)がある
  • 親知らずがきちんと咬み合っておらず、歯茎や頬の粘膜を傷つけている

など

できる限り痛み・腫れを抑えて抜歯します

できる限り痛み・腫れを抑えて抜歯します

親知らずの抜歯に対して、「痛い」というイメージをお持ちかもしれませんが、抜歯の際には局所麻酔を使用しますのでほとんど痛みはありません。
また、当院では麻酔時の痛みにも十分配慮いたしますので、安心してお任せいただければと思います。

ただ、治療が終わり麻酔が切れると、痛みや腫れを感じることがあります。
こうした抜歯後の痛みはある程度仕方がないものなのですが、痛みが現れる前に痛み止めのお薬を飲んでもらうなどして、できる限り緩和させるようにいたします。

親知らずの移植(自家歯牙移植)にも対応

特に問題が起きていない時には、親知らずを抜歯せずにそのまま残しておいた方が良い場合があります。
それは、残しておいた親知らずを次のようなケースで再利用できる場合があるからです。

親知らずの移植(自家歯牙移植)

病気や事故などで歯を失った時、その部分に親知らずを移植できる場合があります。
ただし、自家歯牙移植に際しては慎重な診断が必要となりますので、ご希望の方は一度当院へご相談ください。

親知らずを利用してブリッジを入れる

親知らずの手前の歯を失った時、親知らずを利用してブリッジが入れられる場合があります。

親知らずを手前の位置に移動させる

親知らずの手前の歯を失った時、矯正治療を行って親知らずを手前の位置に移動させられる場合があります。

親知らずの抜歯など、
口腔外科治療はおのだ歯科医院へお任せください

経験豊富な歯科医師が幅広いお悩みにお応えいたします

経験豊富な歯科医師が幅広いお悩みにお応えいたします

口腔外科では親知らずの抜歯以外にも、口内炎や嚢胞(のうほう)など、幅広いお悩みにお応えしたします。
口腔外科を専門的に学んだ医師が、豊富な経験を活かして各種治療をご提供いたします。
痛みの少ない親知らずの抜歯、親知らずの移植(自家歯牙移植)、各種お口のお悩みは心斎橋・長堀橋のおのだ歯科医院へお任せください。