院長・副院長プロフィール

  • HOME>
  • 院長・副院長プロフィール

歯科医師紹介

院長

鈇田 豊
(おのだ ゆたか)

鈇田 豊(おのだ ゆたか

経歴
  • 大阪歯科大学卒業
  • 米国審美学会会員
    (米国・日本)レーザー学会会員
  • 日本口腔インプラント学会会員
  • 米国ベイラー大学インプラント学科卒業
  • ドイツ・カムロッグインプラント オフィサルアドバイザー
  • カムロッグインプラント開発者、Dr.キルシュに師事

副院長

鈇田 豊和
(おのだ とよかず)

鈇田 豊和(おのだ とよかず)

経歴
  • 大阪歯科大学卒業
  • 大阪府立急性期・総合医療センター口腔外科、麻酔科と一般歯科医院で経験を積む
  • 押谷歯科医院勤務
  • 日本口腔インプラント学会会員
  • 近未来オステオインプラント学会会員

DRインタビュー

DRインタビュー

1981年の開院以来、心斎橋・長堀橋エリアを中心に総合的かつ専門的な歯科治療を提供し続けているおのだ歯科医院。
患者様を家族のように思い、「自分自身、そして自分の家族に受けさせたい治療」をコンセプトに、現在は院長の息子である鈇田豊和(おのだ とよかず)副院長を中心に診療を行っています。
歴史ある歯科医院の副院長として、普段どのようなことを大切に考えて診療しているのか、また父である院長から受け継いだ理念、お越しになる患者様への思いなどを語ってもらいました。

院長である父の影響を受けて歯科医師に
変わらず受け継がれる診療理念・患者様への思い

歯科医師の道を目指されたきっかけは?

歯科医師の道を目指されたきっかけは?

やはり当院の院長である父の影響が大きいですね。
子供の頃から父が働く姿を目にしていましたから、自然と歯科医師の道を歩むようになったというところでしょうか。

実は私の家は歯科医師家系で、曽祖父、祖父、父、私と歯科医師が4代続いています。
「祖父と父が歯科医師」というのはよく聞くのですが、4代続いているのは珍しく、曽祖父は大阪歯科大学が開校した時の最初の学生でした。

勤務医を経て2014年におのだ歯科医院へ戻られたとのことですが
今と勤務医時代で診療に違いを感じることはありますか?

勤務医を経て2014年におのだ歯科医院へ戻られたとのことですが今と勤務医時代で診療に違いを感じることはありますか?

診療に対する理念、患者様への思いなどは今も昔も変わりません。
歯1本単位でなく、咬合などを含めた総合的な治療でお口をトータルに診させていただき、そして患者様を家族のように思い、「自分自身、そして自分の家族に受けさせたい治療」をご提供するというコンセプトはずっと持ち続けています。

ただ、おのだ歯科医院では治療に対して求められるレベル・種類が多彩だと感じていて、それにきちんとお応えできるように相応の技術力・応用力を養わなければいけないと思っております。
例えば、当院はオフィス街にありますので、ビジネスパーソンの方がよくご来院されるのですが、お仕事の都合上、「こういう治療は困る」「こうしてほしい」というご要望をいただくことが多いです。
こうした技術力・応用力が求められるのはどの歯科医院でも同じなのかもしれませんが、ここではそれが顕著で、歯科医師として養った力がより発揮させられやすい環境にあると思います。

患者様を家族のように思い
自分自身、そして自分の家族に受けさせたい治療をご提供する

同じ歯科医師として院長から受け継いだ思い・影響を受けた部分は?

同じ歯科医師として院長から受け継いだ思い・影響を受けた部分は?

父がおのだ歯科医院で目指した診療スタイルは、たくさんの患者様を受け入れてバタバタと治療するというものではなく、海外の歯科医院のようにお一人おひとりをきっちり丁寧に治療するというものです。
こうした診療スタイルに対する思いは、私が学生の頃からよく聞かされていました。

先ほども少し触れましたが、当院のコンセプトは「患者様を家族のように思い、自分自身、そして自分の家族に受けさせたい治療をご提供する」というものです。
そして、歯1本単位ではなく、お口全体を診させていただいてトータルに治療することを目標としています。
当院が一般的な歯科治療だけでなく、口腔外科治療やインプラント治療、矯正治療などの専門的な治療にも対応しているのはそのためです。
幅広い治療に対応することで、その方にとって一番良い治療がご提供できる環境を整えておきたいと思っております。

こういった診療スタイルや理念は今も変わらずおのだ歯科医院の根幹をなしていて、副院長、そして息子である私に脈々と受け継がれています。

今のお話も繋がるのですが、おのだ歯科医院の特徴は?

今のお話も繋がるのですが、おのだ歯科医院の特徴は?

先ほどもお話しした、インプラント治療、審美的な詰め物・被せ物、入れ歯の治療、矯正治療、口腔外科治療などの幅広い治療に対応していて、その方にとって一番良い治療がご提供できるということ、そして、咬合などを含めた総合的な治療が受けられることが特徴として挙げられます。
お口を総合的に診るための咬合治療には特に力を入れていて、矯正治療やインプラント治療などの他の治療と絡めることでよりトータルな歯科治療のご提供が可能となります。

あと、医院全体として患者様とのコミュニケーションを重視していて、よくスタッフには「患者様の思いをまずは受け入れる」ということを伝えています。
そうして歯科医師・スタッフ全員で患者様と良好な関係が築けるように取り組み続けた結果、診療時には院内に患者様の笑顔と笑い声が溢れるようになっています。
「毎回、スタッフさんとお喋りするのが楽しみ」とおっしゃっていただく患者様も多いです。

そしてこれが実は一番重要なことなのですが、「基本に忠実」という点です。
他の先生とお話しする時もよく話題にのぼるのですが、「実は派手な治療を行うよりも、普段の治療を基本通り行うことの方が難しいのではないか?」と思っております。
例えば、虫歯を削る時、カリエスチェッカーを使ってきちんと治療している歯科医師はどのくらいいるのか?
そういう細かな部分にこそ、歯科医師としての信念や技術力といったものが反映されるものだと考えています。

「お口のことでお困りの方の力になりたい」
これが歯科医師としての原点

ホームページをご覧の方へメッセージをお願いします

ホームページをご覧の方へメッセージをお願いします

お口のことでお悩みの方、つらい症状でお困りの方、虫歯や歯周病などの病気をきちんと治したいという方は、どうぞお気軽に当院へご相談ください。
「お口のことでお困りの方の力になりたい」
「いつまでもご自身の歯でものを噛み続けてもらいたい」
これが歯科医師としての私の原点です。

当院はオフィス街にありますが、院長である父がこれまでに培ってきた「地域密着型の診療スタイル」を基本としていて、副院長である私が中心となって診療を行うようになった今も、それに変わりはありません。
父と患者様がこれまでに築いてきた関係性と歴史に感謝し、その気持ちをこれからも当院の“変わらない部分”として受け継いでいきたいと思います。

スタッフ紹介

患者様のお悩みに寄り添う歯科衛生士たち

お口の病気予防に力を入れて取り組む心斎橋・長堀橋のおのだ歯科医院には、予防・メンテナンスのプロである歯科衛生士が多数在籍しています。
歯科衛生士としての技術力の高さはもちろん、人材育成会社が実施する「オーラルホスピタリティコーディネーター講習」の修了認定を受けていて、コミュニケーションの専門家としての能力も備わっております。

ご満足していただける治療をご提供するためには、まずはその方とより良い関係性を築くのが重要だと考えております。
お越しになられた患者様を笑顔でお迎えして、親身になってお悩みやご相談内容をおうかがいいたします。